年齢とともに日焼けで増えやすくなるシミ・ソバカスを防ぐには…

目安時間:約 2分

子供が生まれ、外遊びに付き合ったり幼稚園の行事に参加する機会が増え細かいシミやソバカスが増えてきました。

 

特に運転をする右側の頬にほくろも増えました。紫外線を浴びたダメージで肌も乾燥し、それによってシミができやすい状態になると知りしっかりとUVケアはしています。

 

一年中晴れでも曇りでも雨でも紫外線は降り注いでいるというので日焼け止めは顔も体もしっかりと塗っています。外出時は帽子、日傘やアームカバー、運転時はサングラスをします。

 

夏など汗をかいた時は日焼け止めが汗で落ちるのでスプレータイプの日焼け止めで塗りなおします。最近はPABAというサプリを飲み始めました。PABAとはパラアミノ安息香酸といい、紫外線をカットする役割があるようです。PABAを飲み始めてから、以前よりも暑い日も疲れを感じるのが少なくなりました。

 

日焼け止めだけではなく、体の内側から予防するために飲んでいます。また、化粧品でも紫外線を浴びてしまってもできるだけダメージを抑えてくれるものを使っています。アルテミアエキスという成分で、紫外線や赤外線ダメージを低減してくれる効果があるようなのです。

 

アルテミアエキスが配合された化粧水を毎朝晩使い続けていますが、新たなシミやソバカスは増えていないので効果があるのかなと感じています。

 

また、紫外線を浴びてもダメージを受けにくいよう、肌バリアが崩れるとシミやソバカスもできやすいと聞くのでしっかりと保湿を行っています。保湿はかなり大事ですよ。乾いていると感じた時点は時すでに遅しなので、ぜひ事前にたっぷりめに保湿しておきましょう!

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ